委員会

> 委員会

幹事 ご挨拶

仙台ロータリークラブ幹事 岡竹 博昭

今年度仙台ロータリークラブの幹事を仰せつかりました。大変微力ではございますが、お引き受けした以上は全力で柴田会長を補佐すると共に、楽しくかつ円滑なクラブ運営を目指す所存でございます。会員の皆様には前年度同様ご協力のほどよろしくお願いいたします。 現在、新型ウイルスによる感染症の世界的拡大により、ワクチンが開発され集団免疫が確立するまでは、残念ながら人と人との接触を避ける行動を継続せざるを得ない状況となっております。そこで今年度は、柴田会長の方針にしたがい「会員の健康と安全を守り、創意工夫を凝らして例会や事業を継続すること」を最大の課題として取組んでまいります。

  • これまで当クラブでは、知り合いを広めることによって奉仕の機会とし、職業を通じて社会に奉仕することを目指して、様々な価値観を持った会員が相互に理解し楽しく多くの活動を行ってまいりました。本来ならば、テーブル懇親会や会員同士の交流を深める交流例会等を実施したいところではありますが、会員の健康と安全を第一と考え、それらの活動を当面中止し、それに代わる方法を検討いたします。
  • 会長の強い想いのもと、ジェンダー平等の実践を含め多様性のある人材確保によりクラブの活性化を目指します。
  • 東日本大震災被災地の地域活性化に向けた支援や新型ウイルス感染防止対策に対する支援、職業講話事業の継続を図るとともに、持続可能な開発目標を踏まえた奉仕活動の在り方なども検討してまいります。
  • 新型ウイルス感染拡大下における国際奉仕活動や親善の在り方を模索いたします。

今年度は、様々な制約のある中でのロータリー活動となりますが、会員の皆様が少しでも充実したクラブライフを楽しんでいただけるよう、全力で幹事の役割を果たして参りたい所存です。一年間どうぞよろしくお願い致します。

SAA長 ご挨拶

Withコロナ時代の例会運営

仙台ロータリークラブSAA長 畑山 弘志

2020-2021柴田一成会長年度のSAA長を拝命致しました畑山弘志です。

ロータリーはまず「例会出席から」と言われております。しかしながらコロナウイルス感染拡大防止を目的にした三密回避、外出自粛などの行動制限は「親しく人が集うこと」を困難にしております。ロータリアン同士が「親しく集うこと」を主眼とする例会もコロナウイルスとの共存を図る「新しい例会様式」への変革に取り組まなければなりません。

まずはソーシャルディスタンス確保のため会員親睦の源泉となっていたテーブル形式をスクール形式に変更、さらに国歌、ロータリーソング、四つのテストの斉唱も一旦取りやめとし、それらに伴いテーブルマスターやソングリーダーも不在となります。また卓話は会員卓話とし基本的に15分間でまとめて頂きます。それらにより例会時間も短縮を図り、13時15分を閉会の目安と致します。

コロナウイルスの影響により連続休会を余儀なくされた曽矢直前会長をはじめ前期執行部及びSAA委員会のご英断により取り入れられたオンライン参加も現状の形で引き継がせて頂きます。今後さらなる感染拡大による緊急事態宣言等発令の場合には通常例会からEクラブ同様オンライン上の例会開催となります。

これら「新しい例会様式」への取組みは会員の安全と安心を念頭に採用するものでありますが、前述の感染再拡大あるいはワクチンや治療薬の開発さらに国家規模での終息宣言など社会的な変化に応じ柔軟かつ躊躇なくスピード感を持って例会運営の最適化を図ります。ありていに申し上げれば「走りながら考える」と言うことに尽きますが、ホテルメトロポリタン仙台様の多大なるご理解とご協力を仰ぎつつSAAメンバー9人一丸となり例会の定期的な設営の実現に取り組んで参ります。

クラブ奉仕委員長 ご挨拶

仙台ロータリークラブクラブ奉仕委員長 大城 秀峰

クラブ奉仕委員会はクラブの活動全般の基本的な部分に係る委員会です。

ロータリー活動は例会等への出席を通して会員相互の友情や信頼がより深まり、奉仕の機会へとつながることが大きな目標の一つです。

柴田会長のクラブ運営方針に「機会を生かすために行動しよう」とありますように、会員相互の親睦友好・情報交換の機会を例会や各種活動を通してクラブ会員がよりロータリー活動に参加しやすい環境づくりに努めてまいります。 一方、現在のコロナ禍でのロータリー活動には、従来までの運営方法と異なる「新生活様式に沿った」創意工夫が求められております。

今年度は8委員会の構成で運営いたしますが、各委員会の役割にも従来の活動に加えてコロナ禍で求められる柔軟性をもった活動も視野に、随時最新の情報をもとに運営の方針を定めてまいります。第二波への備えといたしましては、宮城県から外出自粛・休業要請がなされた場合の対策として、Webによる例会の動画配信やWeb会議の導入など、例会の通年実施に注力いたします。会員の皆様のご理解とご協力を得ながら1年間取り組んでまいりますのでよろしくお願いいたします。

職業奉仕委員長 ご挨拶

仙台ロータリークラブクラブ職業奉仕委員長 松崎 哲士郎

ロータリークラブ「4大奉仕」の一つ「職業奉仕」はロータリアンがそれぞれの職業を通じ自らの道徳的精神を高め、高い倫理観で社会に貢献すること及び職業・職業経験を通じて他の人々に奉仕することと理解しています。

仙台ロータリークラブには約130人の会員が参加し、その職業種別は多岐に亘っています。そのメリットを生かし例会や職場訪問などを通じロータリアン相互交流の中からの各職業からの学びと地域社会の方々への貢献を意識した活動を私たち職業奉仕委員会のメンバーは企画・実施してまいります。

今年度の会員全体の学びとしては世界規模での「地球を破壊から守る」取り組みであります「持続可能な開発目標(SDGs)~貧困・飢餓、健康、教育、環境、技術革新、平和と公正など~」全体の概念の理解の場の提供(講演)と上記のテーマの中で時宜・趣旨に沿った「職場訪問」を設定します。職場訪問を通じて普段目にしている事業の奥にあるその職場の方々の社会貢献意識、工夫や努力などに触れられるのではと考えています。

職業を通じて仙台市の子供たちの社会への関心を高め、視野を広げていただくこと、1人ひとりの将来の職業選択に役立てていただく「青少年職業講話」を今年度も実施します。昨年度は仙台市の中学校12校に「出前講義」を実施しこの継続した4年の活動に対し2020年1月に文部科学大臣表彰が授与されました。

今年度は新型コロナウイルスの影響で学校の授業日程が大変変則になっておりますが、仙台市教育局「学びの連携推進室」の全面的なご協力とこれまでの実績から教育現場から既に引き合いが来ています。講師となる会員各位も中学生を中心とする子供たち向けにわかりやすく講義するという工夫とそのための資料等作成の試行錯誤の苦労はありますが、「出前講座」を傍聴する会員も含め子供たちの生の反響に貢献の達成感を感じておられます。 職業奉仕委員会取り組みにご支援、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

社会奉仕委員長 ご挨拶

仙台ロータリークラブクラブ社会奉仕委員長 吉田 仁秋

今年度柴田会長より社会奉仕委員長を仰せつかった吉田仁秋でございます。ロータリークラブの中でも社会奉仕活動は1923年に採択され「超我の精神」の哲学を以て始められ、伝統ある委員会であります。我々ロータリアンは所属する地域社会において個人や事業活動を通じて社会に貢献してゆくことが重要と考えます。令和2年の今年はコロナウィルスにより例会が2か月もの間休会とならざるを得ない社会環境でした。更にコロナはパンデミックとなり世界を折檻し地球規模に広がりを見せております。わが国でも東京アラートが発信され、社会や経済活動に 大打撃を与え早急な対策と一刻も早い鎮静化が待たれます。その様な環境の中で活動が大きく制限を受けておりますが、委員会活動方針に則り東日本大震災の復興に関わる活動と共に地域の発展に資する活動して参りたいと存じます。

具体的には以下の様な活動を計画しております。

  • 東日本大震災の復興支援活動については被災地の小中学生に向けた雄勝硯再発見プロジェクトを推進いたします。
  • 地区補助金を利用した特別養護施設への機材などの購入支援を致します。
  • 宮城県医師会への新型コロナ対策支援として必要物品の購入を図ります。
  • 2021年に社会奉仕活動を会員に広く周知して頂く様クラブフォーラムを計画します。
  • 今年度はコロナの影響ため未定ですが東日本放送の植樹祭支援活動や尚絅学院高等学校インターアクト活動支援を検討します。

以上5項目を活動方針として掲げ、委員会のメンバーと共に更に会員の皆様のご協力とご支援を賜りながら努力して参りたいと存じます。仙台ロータリーに期待されておられる方々のご希望やご負託に応えられるよう、特に今年度はコロナなどの様々な進捗状況を勘案しながら状況に合わせて活動して参りたいと存じますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

国際奉仕委員長 ご挨拶

仙台ロータリークラブクラブ国際奉仕委員長 伊藤 慎一

2012年度の田中裕人会長、草刈千賀志幹事の執行部に続いて二度目のお役目となりました。よろしくお願いいたします。

前回は台北の大龍峒ロータリークラブとの友好クラブの締結に向け一年間頑張りましたが年度内はうまくいかず、次年度の務台猛雄会長、菊谷誠幹事の尽力で何とか調印にこぎつけたことは望外の喜びでした。両クラブが現在極めて友好的な関係を築いているのは会員皆様のご厚意によるものと深く感謝する次第です。

さて今回は柴田執行部で自身二度目になりますが、コロナ禍の中、国際奉仕で何ができるか、グローバル補助金を活用した日本人留学生への奨学金の支援、同補助金を利用したソゲリ地区水プロジェクトの継続、新型コロナウイルス感染症の発展途上国での拡大に対する支援、台北で開催されるRI世界大会への参加と大龍峒RCとの交流などを会長の考えとして理解し行動していきたいと思います。懸案を一つずつ地道に解決していければ幸いです。各委員会の会員のご協力を期待いたします。

2020~2021年度 仙台ロータリークラブ委員会名簿

理事(新任) 大城秀峰 松﨑哲士郎 吉田仁秋 伊藤慎一
理事(留任) 棚橋善克 西條清和    
役 員 会長 柴田一成      
直前会長 曽矢猛美      
会長エレクト 及川正紹      
副会長 大城秀峰 松﨑哲士郎 吉田仁秋 伊藤慎一
幹事 岡竹博昭      
副幹事 梅宮栄八郎 八巻真介 齋藤孝志  
会計 安曇謙三      
SAA ◎ 畑山弘志 ◯ 納生国英 古屋正昭 川杉謹也
木村 淳 小林蒼生 今野克二 佐藤俊哉
前 直裕      

理事6名及び印=理事役員会構成会員(合計15名)

委員会名

クラブ奉仕 ◎ 大城秀峰 ◯ 伊澤平藏 大山健太郎  
職業分類(3) ◎ 鈴木祐太郎 ◯ 師 研也 梁川誠郎  
会員増強選考
・出席奨励
◎ 土屋 誉 ◯ 佐藤勘三郎 石井彦壽 熊谷 巧
熊谷眞人 村井泰介 笹氣光壽郎  
親睦友好 ◎ 板垣金太郎 ◯ 公平 弘 ◯ 草刈修司 ◯ 和田剛和
◯ 佐藤知樹 阿部克彦 安藤昭男 遠藤俊孝
市川 隆 五十嵐浩 泉田 融 上村嘉勝
小塙隆一 増渕多俊 三浦泰弘 森 潤一
森 信之 中島 啓 中山 修 仁井健二
奥田隆章 末野智弘 菅原甚一 鈴木一巳
渡辺 崇 吉田圭吾 矢野史朗 浅野康之
プログラム ◎ 宮本保彦 ◯ 佐藤正文 芦川隆範 千釜 章
井上 純 松木 茂 松坂英明 山室 隆
ロータリー情報(3) ◎ 杼窪昌之 ◯ 三島卓郎 大島達治  
会報・広報・雑誌 ◎ 石井光二 ◯ 尾形 衛 日野明夫 井澤 徹
鈴木圭三 竹内一順 𠮷岡博文  
クラブファンド ◎ 山田章吾 ◯ 後藤宗一郎 田中裕人  
新入会員研修懇親
(IM)
◎ 渡辺義範 ◯ 大槻昌夫 藤﨑三郎助 松永 弦
菅原一博 髙坂知節    
職業奉仕 ◎ 松﨑哲士郎 ◯ 西條清和 岡本宜樹  
青少年職業講話 ◎ 三原健太郎 ◯ 秋本浩志 佐藤吉雄 筌口基宏
社会奉仕 ◎ 吉田仁秋 ◯ 後藤浩策 阿部慎哉 梶屋拓朗
環境 ◎ 西村一彦 ◯ 足立雅彦 須佐尚康  
青少年 インターアクト ◎ 窪内啓介 ◯ 伊藤賢太郎 内田浩二 吉見卓也
国際奉仕 ◎ 伊藤慎一 ◯ 菊谷 誠 加藤雄彦 佐藤昌利
国際親善 ◎ 草刈千賀志 ◯ 棚橋善克 濱 功明  
ロータリー財団 ◎ 島田博雄 ◯ 佐藤秀昭 菊地純夫 小関忠夫
世界社会奉仕 ◎ 五十嵐 透 中尾秀蔵    
米山奨学会 ◎ 阿部賀寿男 ◯ 大沼尚嗣 阿部芳弘 和國信之
会計監査2名 千葉雅保 田中善一    

(◎ 印は委員長 ◯ 印は副委員長)